医療

術後

食べている女性

脂肪吸引をした後はお腹でも足でも入院不要ですぐ帰宅することができます。しかし、帰宅したからといっていつもの生活に戻れるわけではありません。
手術が完了すれば、少し休憩して麻酔が抜けてから帰宅することになります。2~3日程度はほてり、腫れなどの炎症が出るようになり、3日目あたりまで痛みを感じる人が多いです。鎮痛剤が処方される上に、耐えられない程の痛みではありませんから安心して下さい。
それが完了すればだいたい2週間程度内出血が目立つようになりますが、これは時間経過によって綺麗になおってくれます。
治療したばかりのときは出血にしびれ、痛み、腫れ、むくみというように、人によって様々な症状が現れるようになっています。更に、拘縮という症状が出ることがありますから、病院でいわれた通りストレッチやマッサージをすることでいびつな仕上がりになるのを防いで下さい。

完全に脂肪吸引が仕上がるまで2~3ヶ月かかりますが、その期間を丁寧に過ごせば過ごす程に、腕や足やお腹は綺麗な仕上がりになります。お腹はとくに皮膚がやわらかく、たるんだり凹凸ができたりしやすい部分ですから、しっかりとマッサージをして綺麗にする必要があります。
治療してすぐは炎症によって腫れますから、脂肪吸引をする前よりも太って見えることがあります。しかし、それは正常な反応ですから気にしないで安静にしていて下さい。
お腹やお尻の脂肪吸引をしている場合には、しっかりとガードルを利用して幹部を圧迫したるみが出ないようにして下さい。お腹がたるめば脂肪吸引だけでなく切開が必要になる可能性がありますから、術後の対応は重要なのです。